町長からのご挨拶

更新日:2017年1月4日

鶏口牛後(けいこうぎゅうご)

(写真)町長

2017年は酉年です。古来、酉年は商売繁盛に繋がる年となると言われてきたようです。白浜町に運気が舞い降り、商売が活発になる1年であってほしいものです。中国の故事に「鶏口牛後」という言葉があります。鶏口牛後とは、大きな組織の末端にいるのではなく、むしろ小さな組織のトップにいる方が良いという意味です。組織の大小に関わらず、リーダーシップを発揮することは難しいことですが、この言葉を念頭におき、職務に邁進(まいしん)したいと考えています。

高速道路の南進により、白浜町への交通アクセスが飛躍的に良くなりました。その結果、日帰りのお客様は確実に増えています。国内からの宿泊のお客様は若干減少しましたが、訪日(イン)外国人客(バウンド)は増えました。今年はいよいよ地方創生に本格的に取り組みます。白浜版「まち・ひと・しごと創生総合戦略」と「白浜町観光ビジョン」に基づき、実効性のあるものから優先して実行してまいります。

5月には第4回の「南紀白浜トライアスロン大会」を開催します。世界遺産である熊野古道「大辺(おおへ)()」、「南紀熊野ジオパーク」や「吉野熊野国立公園」プラス、原点である「温泉」にもスポットライトをあて、積極的に売り出します。近隣市町や和歌山県との連携を深めます。国道42号線沿いの椿地域や日置川地域の活性化にも取り組みます。

昨年はIT企業の進出ラッシュがありました。企業誘致が進展し、湯崎のITビジネスオフィスには現在10社の入居があり、満室となっています。新たな雇用も生まれています。国や県の力を借りて更なる誘致に努めます。民間主導のイベントも増えています。町として積極的に協力、支援したいと考えています。子育て世代への支援策としては学童保育の充実も行います。又、安心・安全なまちづくりを第一に考えた防災・減災対策については、これまで以上に取り組まねばなりません。安心・安全が町にとっての最高のおもてなしであります。

本年も「世界に誇れる観光リゾート白浜」を実現するため、関係者の皆様と一体となって白浜創生に取り組みます。

2017年が皆様にとって素晴らしい年となると同時に、白浜町にとって飛躍の年となることを切に祈念いたします。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


2017年1月吉日

(イラスト)白浜町長サイン
お問い合わせ先
総務課 企画政策係
〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町1600番地
電話:(0739)43-5555 ファックス:(0739)43-5353

お問い合わせフォーム