白浜町の宣言

更新日:2016年3月1日

新「白浜町」が行った町の宣言を紹介します

合併前の両町において「暴力排除」や「核兵器廃絶・平和の町」などの宣言を行っていましたが、重複する宣言等もあることから、町の宣言は合併協議において、「合併後に宣言する」としていました。そこで、昨年の第3回定例会(12月)において、新しく次の3つの宣言が議会議決され、新「白浜町」の宣言として制定いたしました。

これらの宣言をふまえ、町民の皆さまとともに、住みよい平和な町づくりをめざして取り組みを進めてまいります。

核兵器廃絶・平和の町宣言

我が国は世界唯一の核被爆国であり、核兵器の廃絶と世界の恒久平和は、全国民共通の願いです。

しかしながら、世界各地では依然として武力紛争が絶えず、とりわけ核兵器は、人類のみならず命の宿るすべての生存に深刻な脅威を与えています。

「輝きとやすらぎと交流のまち 白浜」の実現は、白浜町民すべての願いです。

我が白浜町は、日本国憲法の平和精神に基づき核兵器の廃絶を願い、永遠の平和社会を築くことを誓い、ここに「核兵器廃絶・平和の町」を宣言します。

暴力排除推進の町宣言

暴力は、明るく平穏な生活を脅かし、社会秩序を破壊します。

白浜町が、今後益々の発展を遂げるためには、環境を浄化し、公衆道徳と商業道徳の高揚を図ることが重要となりますが、現在のようにめまぐるしく変化する社会情勢下において、暴力事件は、内容を悪質化するだけでなく、低年齢層までその影響が及んでいる憂慮すべき状況となっております。特に暴力団については厳しい世論の批判にもかかわらず、その不当な暴力的行為を、巧妙、多様化させ、町民だけでなく観光客にも恐怖と不安をもたらしているところです。

白浜町は、社会秩序を乱す暴力団はもとより、あらゆる暴力行為を追放し、町民総ぐるみで明るく平和なまちづくりを誓い、ここに「暴力排除推進の町」を宣言します。

交通安全推進の町宣言

私たちの白浜町は、日本有数の温泉観光地として発展をし、現在も多数の観光客が訪れています。

しかし、観光客の来遊による交通量の増加は、本町の道路交通をとりまく状況にも多大な影響をもたらしており、近年の高速道路網の整備も相まって、今後も厳しい交通事情が予想されます。

快適な生活がおくれる交通社会を築くためには、行政、学校、家庭、職場、団体、企業等が社会の一員としての責任を自覚し、それぞれが連携した町民総ぐるみの人命尊重の理念に基づく交通安全意識を高めるための取組みを行っていくことが大切です。

白浜町は、交通事故のない安全で住みよいまちづくりを推進するため、ここに「交通安全推進の町」を宣言します。

お問い合わせ先
総務課 企画政策係
〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町1600番地
電話:(0739)43-5555 ファックス:(0739)43-5353

お問い合わせフォーム