災害時における避難所での感染症対応について(新型コロナウイルス感染症)

更新日:2020年5月13日

全国的に新型コロナウイルス感染症予防対策が実施されていますが、感染症への対応長期化が指摘されています。

これから梅雨時期や台風シーズンを控え、風水害、土砂災害などの災害対応のため、町として避難情報を発令し、避難を促すことが予想されますが、開設する避難所は、密集場所となる可能性があり、避難所での感染を防ぐため、より一層の感染症の予防対策が重要となります。

住民の皆さんには、今まで通り『率先避難』に心がけていただき、避難所への避難にあたっては下記のことにご留意ください。

親戚や友人の家などへの避難の検討

●避難所だけではなく、可能な場合は、通常避難している避難所ではなく、災害の危険が少ない場所にある親戚や友人の家などへの避難についても検討してください。

手洗いなどの基本的な対策の徹底

●手洗い、マスクの着用、咳エチケットなどの基本的な感染対策を徹底してください。

3つの密(密集、密閉、密接)を避けるために

●滞在スペースを確保するときは、密集状態にならないよう、避難者同士の十分な間隔をとり、密接場面(会話)にならないように間近での会話を控えてください。

●密閉状態の防止のため、可能な範囲で窓や扉を開放して換気します。防寒服の携行をお願いします。

健康状態の確認

●定期的に自身の健康状態の把握に努め、可能な方は、非常持出品とともに、マスク・消毒液・体温計などを持参してください。避難所において、現在の健康状態を確認し、必要により指示させていただく場合があります。

避難所は、不特定多数の方が使用します。同じ避難所に避難する方全員が、感染症予防について協力しあいましょう。

下記に該当する方で、今後の避難の検討上、相談がある方はご連絡ください。

○現在の健康状態(発熱、風邪症状)から感染している疑いがあるかもしれないと判断される方

○保健所から一定期間の自宅待機を要請されている方(田辺保健所「帰国者・接触者相談センター」との相談を終わっている方)

災害時における避難所での感染症対策

お問い合わせ先
総務課 危機管理室
〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町1600番地
電話:(0739)43-5555 ファックス:(0739)43-5353

お問い合わせフォーム