令和4年度低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の世帯)について

更新日:2022年6月27日

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得の子育て世帯に対して、その実情を踏まえた生活支援を行う観点から、食費等による支出の増加を補うため、子育て世帯生活支援特別給付金が支給されることとなりました。(※ひとり親世帯の方も対象となる可能性がありますが、本給付金のひとり親世帯分を受給された方は、対象外です。)

支給対象者(ひとり親世帯分を受給した方を除く)

申請不要の方

○令和4年4月分の児童手当または特別児童扶養手当の受給者で、令和4年度分の住民税均等割が非課税である方

※上記の児童のほかに、平成16年4月2日から平成19年4月1日までに生まれた児童(高校生など)がいる場合は、その児童の分も含めて給付します。

○令和4年4月以降に出生した新生児について、児童手当の受給者で、令和4年度分の住民税均等割が非課税である方(月々の対象児童数分をまとめて、その翌月に支給)

 

申請が必要な方

○平成16年4月2日から平成19年4月1日までに出生した児童(高校生など)のみを養育しており、令和4年度の住民税均等割が非課税の方(夫婦の場合、収入の多い方が非課税)

○令和4年4月分の児童手当を受給している公務員で、令和4年度分の住民税均等割が非課税である方

○令和4年1月1日以降に転入してきた方で、児童手当等の受給者が非課税で、対象となる児童を養育している方(従前の市区町村で非課税証明を取得の上、申請してください。)

○児童手当受給者または平成16年4月2日から平成19年4月1日までに出生した児童(高校生など)を養育している方で、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、現在の収入が令和4年度住民税均等割が非課税である方と同様の水準にある方(家計急変者)

 

※町民税の申告を行っていない場合は、支給の対象とならないので、該当すると思われる方は、申告を行っていただけますようお願いします。

※家計急変者については、令和4年1月以降の任意の1ヶ月の収入額(所得額)を12倍した金額が住民税均等割非課税相当の収入額(所得額)となる方が該当します。(特別な事情がない限り、申請月に近い月分でお願いします。)

支給金額

児童一人あたり一律5万円(一回限り)

申請書類

○共通書類

・低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)申請書(請求書)

・申請者の本人確認書類のコピー(運転免許証、マイナンバーカード等)

・申請・請求者の世帯と、児童が別世帯の場合、関係性を確認できる書類のコピー

・受取口座を確認できる書類のコピー(通帳・キャッシュカード等)

○家計急変者は上記のほかに下記書類が必要となります。

・簡易な収入見込額の申立書

・簡易な所得見込額の申立書 ※収入見込額で、住民税非課税相当とならない場合、所得見込額での算出ができます。

・令4年1月以降の任意の1ヶ月の収入が分かるもの(給与明細、帳簿、年金振込通知書等)

・申立書(任意の1ヶ月の収入が0円等の場合に必要です。)

申請書等の様式についてはこちら

申請書(EXCEL:199.8KB)

収入・所得見込額申立書(家計急変用)(EXCEL:285.7KB)

お問い合わせ先
民生課 福祉係
〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町1600番地
電話:(0739)43-5702 ファックス:(0739)43-5225

お問い合わせフォーム