【お知らせ】工事請負契約に関する紛争の仲裁判断について

更新日:2021年11月26日

工事請負契約に関する紛争の仲裁判断についてお知らせします

   白浜第一小学校建設等工事に係る工事費の精算で、工事請負業者との間で折り合いが付かず、平成29年6月に工事請負業者より和歌山県建設工事紛争審査会に仲裁の申立てが行われ、令和3年8月31日に下記の仲裁判断がありました。なお、仲裁判断において工事請負契約に基づき支払うよう判断された金員については、令和3年10月27日の議会議決を得て工事請負業者(申請人)に625万4727円を支払いました。
   今後も適正な工事執行に努め、町民の皆さまに信頼をいただける行政運営に取り組んでまいります。

白浜町長   井澗   誠

 

 仲裁判断について
事件名 和歌山県建設工事紛争審査会平成30年(仲)第1号事件
申請人 白浜町内 団体
被申請人 白浜町
事件の要旨    平成29年3月末に完成した白浜第一小学校建設等工事に係る工事費の精算において、申請人より旧校舎解体工事に伴うアスベスト除去工事の壁養生数量及び残土処理数量に関する内容で工事請負契約をめぐる紛争が生じ、当事者間での解決が見込めない状況となり、和歌山県建設工事紛争審査会の仲裁に付した。
当事者の求めた判断 【申請人】
1.被申請人は申請人に対し、3148万2428円及びこれに対する平成29年5月16日から支払済みまで、年3.1%の割合による金員を支払え。
2.手続費用は被申請人の負担とする。
【白浜町】
1.被申請人は申請人に対して何ら支払義務を負わない。
2.手続費用は申請人の負担とする。
仲裁判断 1.被申請人は申請人に対し、549万2490円及びこれに対する平成29年5月16日から支払済みまで、年3.1%の割合による金員を支払え。
2.申請人はその余の請求を棄却する。
3.仲裁手続費用は、各自の負担とする。

お問い合わせ先

白浜町建設課
電話番号 0739-43-6589
MAIL kensetsu@town.shirahama.ig.jp