新型コロナウイルス感染症について

更新日:2020年2月19日

令和元年12月以降、中華人民共和国湖北省武漢市において、新型コロナウイルスによる患者が複数報告されており、主な症状は、発熱、全身倦怠感、乾いた咳です。入院患者では肺炎の人が多くなっています。

そうした中、令和2年2月13日に和歌山県内において新型コロナウイルスによる患者の発生が確認されました。

町民の皆さまへ

町民の皆さまには、風邪や季節性インフルエンザが多い時期であることを踏まえて、日常的な感染予防策として、外出時のマスク着用、手洗い、咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ等を使って口や鼻を覆う「咳エチケット」などに努めていただくようお願いいたします。

中国湖北省または浙江省から帰国・入国された方あるいはこれらの方と接触された方で、咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどし、医療機関を受診する前に、速やかに田辺保健所に連絡していただき、湖北省及び浙江省の滞在歴があること、またはこれらの方と接触したことを申し出てください。

帰国者・接触者相談センター

和歌山県では、新型コロナウイルスの感染を疑う方からの相談に対応するため、各保健所に「帰国者・接触者相談センター」を開設しています。

次の症状のある方は、田辺保健所の「帰国者・接触者相談センター」(電話番号:0739-26-7933)にご相談ください。

  • 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続く方。(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です)
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方。

なお、以下のような方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合には、田辺保健所の帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

・高齢者

・糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方

・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

妊婦の方へ

妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに田辺保健所にご相談ください。

お子様をお持ちの方へ

小児については、現時点で重傷化しやすいとの報告はなく、新型コロナウイルス感染症については、目安どおりの対応をお願いします。


なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医等にご相談ください。

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安(厚生労働省)(PDF:119KB)

相談窓口について

帰国者・接触者相談センター

田辺保健所

電話番号 0739-26-7933

お問合せ時間は9時00分から17時45分

※時間外、休日も対応しています。

 

※そのほかの相談先

厚生労働省 電話相談窓口

電話番号 0120-565653(フリーダイヤル)

受付時間は9時00分から21時00分(土曜日・日曜日・祝日も実施)

新型コロナウイルス感染症に対する啓発リーフレット

県民のみなさまへお知らせ(和歌山県)(PDF:361.3KB)

(個人向け) 新型コロナウイルス感染症に対する啓発リーフレット(PDF:951KB)

(事業所管理者向け)新型コロナウイルス感染症に対する啓発リーフレット(PDF:98.7KB)

関連リンク

新型コロナウィルス感染症に関連する情報について(和歌山県)(外部リンク)

新型コロナウイルス感染症について(和歌山県)(外部リンク)

新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省)(外部リンク)

お問い合わせ先
住民保健課
〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町1600番地
電話:(0739)43-6585 ファックス:(0739)43-6647

お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。