風しんワクチン接種費用緊急助成事業について

更新日:2017年4月1日

妊娠している(特に妊娠初期)女性が風しんにかかると、生まれてくる赤ちゃんも風しんに感染し、「先天性風しん症候群」という病気にかかってしまうことがあります。

「先天性風しん症候群」とは、生まれてくる赤ちゃんに目・耳・心臓などに障がいが生じる疾患です。

平成25年に、和歌山県で風しんが流行しました。妊娠を考えている女性は、生まれてくる赤ちゃんを守るため、早期のワクチン接種をお勧めします。

助成対象者

  1. 19歳から50歳までの妊娠を希望する女性
  2. 妊婦の配偶者(事実上婚姻関係と同様の事情にある方を含む)

和歌山県内に住民登録している方が対象です。

女性の方は、接種前に必ず妊娠していないことを確認してください。

また、接種後2か月は避妊してください。

助成期間

平成29年4月1日〜平成30年3月31日

助成額

麻しん風しん混合(MR)ワクチン、1人につき1回.上限9,000円

風しん単独ワクチン、1人につき1回.上限6,000円

助成方法

1.事前に申請手続きを行ってください。接種の際、白浜町が発行する予診票・接種券が必要です。

白浜町風しんワクチン接種緊急助成事業接種券交付申請書(PDF:99.3KB)

2.妊婦の配偶者の場合は「母子健康手帳」(「子の保護者欄」に名前が記入済みのもの)の写しが必要となります。

3.指定医療機関へ予約し、医療機関窓口で予診票・接種券等を提出ください。

申請窓口

健康増進係

指定医療機関以外で接種を希望される場合(償還払い)

接種後、申請手続きにより上記助成額を指定口座にお振込み致します。

申請時には下記をお持ちください。

  • 風しんワクチン接種緊急助成申請書(償還払い)

風しんワクチン接種緊急助成申請書(償還払い)(PDF:67.4KB)

  • 領収書(金額、接種年月日、接種ワクチン名が確認できるもの)
  • 振込先の通帳(口座確認ができるもの)
  • 印鑑
  • 妊婦の配偶者の場合は「母子健康手帳」(「子の保護者欄」に名前が記入済みのもの)の写し
  • 代理の方が申請される場合は委任状が必要です。

代理申請の委任状(PDF:65.2KB)

申請期限

平成30年3月31日

償還払いの申請窓口

健康増進係、住民保健課医療保険係、富田事務所、日置川事務所

お問い合わせ先
住民保健課 健康増進係
〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町1447番地
電話:(0739)43-0178 ファックス:(0739)42-3246

お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。